aroma_01_main
02

夏はイベントが盛りだくさんで楽しみが多い季節。
その反面うだるような暑さで、何をするのにも億劫になることはありませんか?

そんな時は、すぐにでもエアコンのついた部屋へ飛び込みたい!!!
でも、涼しい部屋と暑い外を行き来する夏は、自律神経が乱れて体調不良になってしまうことも。エアコンや扇風機もない時代は、この蒸し暑い日本の夏をどのように過ごしてきたのでしょうか?

調べてみると昔の人たちの夏の過ごし方には、心と体への優しさがあり、夏の暑さと上手く付き合うための知恵がありました。

季節感のない無機質な暮らしではなく、自然な風に季節を感じながら、五感を使ってこの夏、上手に涼を呼び込んでみませんか。
今回は夏におすすめ、“涼を呼ぶ木”と言われているサンダルウッド をご紹介します!

aroma_03
aroma_04
05
05

サンダルウッドの香りは、邪気を払う効果があることから寺院での儀式や瞑想の場でよく使われてきました。東洋では神聖な香りとして知られていますが、西洋ではフェロモンを感じさせたり、異性を惹きつける香りとしても知られています。

そんなサンダルウッドは、インドでは“涼を呼ぶ木”といわれ、体にこもった熱を発散させて冷やす効果があります。
日本では“白檀(びゃくだん)”の名でも親しまれ、その特徴から古くより扇子の素材としても用いられてきました。扇ぐと香りがふわっと吹いて、火照った体と心を静かに鎮めてくれる。この夏、そんなサンダルウッドの香りを上手く取り入れて、涼を呼び込んでみてはいかがでしょうか。


06
05

サンダルウッドの香りは、鎮める力が非常に優秀。神経の緊張や不安、そして、ストレスを和らげるので、心と体を芯からリラックスさせてくれます。騒ついた心を深いリラックスへと導いてくれるので、瞑想やなかなか寝付けない睡眠時におすすめ。心の奥深いところへ働きかけ、誰にも邪魔されない自分だけのゆっくりとした時間をもたらしてくれます。

また、執着や依存心を取り払ってくれるので、過去の出来事にとらわれて前に進めない時には、心強いサポートに。未来や過去ではなく、今に意識を向け、自分の本質と向き合わせてくれます。

生体リズムを整える 生体リズムを整える

サンダルウッドは、強い殺菌力があります。免疫力を高め、感染症を寄せ付けない働きをするので、エジプトでは遺体の防腐や感染症の治療に使われてきました。免疫力を高めることで、人間の持つ自然治癒力を高めることができるので、香りを心地よく楽しみながら、体調を整えていきたいですね。他にも鎮静させる力が高いので、喉の炎症・扁桃炎、気管支炎を抑え、咳も鎮めてくれます。

また、冷やす力も強く保湿力も高いので、日焼けした肌のケアにもおすすめですよ!


今回は、“涼を呼ぶ木”と言われる理由であろう、鎮静させる力を主にご紹介しました。が、インドの最古の文献に“サンダルウッドは王者のように素晴らしい香りだ”と記述があるほど、まだまだ魅力がたくさん。サンダルウッド に限らずアロマはとても奥深く、1コラムでは語りつくせません。このコラムをきっかけにアロマにもっとご興味を持っていただけると嬉しいです。
次回は9/1公開予定。お楽しみに。


[基本情報]
学術名:Santalum album
科名:ビャクダン科 
抽出部位:木の心材
抽出方法:水蒸気蒸留法
主な産出国・地域:インド(マイソール)

[注意点・禁忌]
・抑うつ状態の時に使うと、気分が一層滅入ることがあるので注意。

[注意事項・免責事項]
アロマは医療ではありません。また、精油は医薬品ではありません。心身の健康に良い影響をもたらしますが、あくまでも補助的な手段だとお考えください。精油を使用の際は、取扱説明書や注意事項をよく読み、正しくお使いください。妊娠中の方をはじめ、持病がある方、高齢者の方は使用できない精油があります。また、健康状態に気になることがある方や、医療機関で治療中の方は、必ず医師や専門家に相談の上、安全にお使いください。当コラムで紹介している精油の特徴、効果、仕様、アロマの実践などによって生じたトラブルに対する責任を負いかねます。ご理解の程お願いいたします。

前回のコラム

小林由紀

YUKI KOBAYASHI
1977年新潟県生まれ・神奈川県在住。アロマセラピスト。家族や自身の病気をきっかけにアロマセラピーに興味を持ち、現在は一般社団法人エッセンスオブヒール正会員。アクセス・バーズ・プラクティショナー、TCカラーセラピスト資格取得。自由大学神社学キュレーター。登拝と自然の中で遊ぶことが好き。
hp instagram

小野寺葉月

HAZUKI ONODERA
1983年東京都生まれ・フィリピン マクタン島在住。イラストレーター/ライター/ダイビングショップ広報。中高短大と美術を学んだ後、雑貨店にて店長とバイヤーを経験。娘を出産後、幼い頃から好きな植物をイラストで描き始める。現在、植物を扱うメディアで記事を執筆するほか、フリーペーパー『Botapii』で連載イラストを担当。ライフワークは日常の中の幸せ観察。
hp instagram
テキスト:小林由紀 イラスト:小野寺葉月
デザイン:前田佳保里 編集:丸山央里絵
fb tw